シミを知ることで対策出来る

美容の大敵でもある「シミ」。この憎きシミを退治すべく、日々努力をしている女性は多い筈です。私もその1人であり、ありとあらゆる手段でシミ対策を行っています。しかし手あたり次第にシミ対策をしても、思う様な効果を得る事は出来ません。

 

 

主に顔に出来るシミが気になるところですので、まずは顔に出来るシミの種類を知っておきたいです。シミの種類がわかれば、それぞれの原因も異なります。

 

 

そして対策や治療も変わってきますから、まずは自分の顔を良く観察してシミの種類を分析しましょう。

 

肝斑

頬骨の辺りや鼻の下に、もやもやと左右対称に出来るシミの事を肝斑と言います。30代〜40代の女性に多く、女性ホルモンが関係していると言われています。妊娠中やピルの服用中、婦人科の病気にかかった時や更年期に出来やすいシミです。最近では肝斑専用のサプリが売っていますから、普通のシミ対策サプリよりそちらを服用した方が良いでしょう。紫外線対策とホルモンバランスに気を付ける事が、肝斑対策になります。

 

炎症性色素沈着

ニキビやかぶれ、火傷などの炎症が刺激となり、メラニンが生成されて沈着します。そしてシミとなって残ってしまいます。1〜2年で自然と薄くなり消えるケースがほとんどですが、残ってしまと残念です。紫外線に当たるとさらに濃く沈着してしまいますので、注意が必要です。

 

老人性色素班

長年紫外線対策を怠ってきた30代以降の方に多いのがこのシミです。若い頃に日サロや海で日焼けしまくっていた、いわゆる「ギャル」だった人達。丁度今頃の時期にシミが出まくっている可能性があります。おでこや頬など紫外線を受けやすい部位に多く見られ、段々と色が濃くなっていく傾向があります。

 

そばかす

茶色くて小さいシミが鼻や鼻の周囲に点々と出来るのが特徴で、遺伝的なものが多いです。色白の人に多く、両親どちらかにそばかすのある人は、思春期にかけてそばかすが現れる事が多いです。夏場の紫外線によって濃くなりやすいので、遺伝だと諦めず紫外線対策はしておくべきです。

 

以上がシミの種類です。自分のシミがどの分類に入るのかよく研究した上で、対策や治療を行っていきましょう。どれも「紫外線対策」がキーワードになっているのは間違いないので、これからの季節は十分注意したいですね。